絶対欲しいおすすめアウトドアグッズ&キャンプ道具11選

c48706e9b627d7a7fe476182445c2087_m

段々と暖かくなりアウトドアの季節がやってきました。家族や友達とキャンプに行ったり、海へ行ったり、お庭でBBQをする機会も多くなってくると思います。

今回はそんなシーンで役立つ便利な道具や機能が充実した道具を紹介していきたいと思います。

UNIFLAME ファイアグリル

現在、ほとんどのキャンプ場で地面を保護するために直火での焚き火を禁止しています。焚き火の際は焚き火台を使いましょう。

UNIFLAME 焚き火テーブル

ダッチオーブンを置いてもビクともしない安定感。デザインもシンプルで折りたたむとわずか2.5cmという驚異の薄さ。
ローチェアの脇にサイドテーブルとしても丁度良いですね。一人に一台で使われる方も結構います。

ソロキャンパーにとっては定番のテーブルで、テントの中や車中泊での車内の食事に丁度良いサイズ。
開くだけで脚も開くので組立はあっという間。畳む時も天板をパタンと閉じてハミ出た足を押し込むだけで煩わしさは一切ありません。
収納サイズも1.9cmと薄くA4の半分に折れるのでとてもコンパクトです。

チムニー効果で炭火を簡単に熾すことのできる火起こし器と、使い終わった炭を安全に消すことのできる消し壺がセットになった商品。
消し炭は保管してまた次回のBBQで利用できて新品の炭よりも簡単に火を熾すことができます。

とってもお洒落なランタン。直接ガスを燃焼するのでマントルが不要なのが嬉しいですね。

数あるキャンプ道具の中でもお気に入りの道具です。

テントの中では燃料式のランタンを使用するのは危険です。GENTOSのEX-777XPは明るさも充分で単一乾電池×3本で連続使用72時間で燃費も良いです。
吊り下げ用のハンドルもついてるのでテントのフックにかけることも可能で便利です。

バーベキューグリルの火床に敷くだけでグリルが汚れずに後片付けがとても楽になります。
肉から落ちる油汚れがつかないのでグリルも長持ちします。
厚手のアルミシートを使っているので破れにくく、そのまま炭ごと丸めて消し壺に入れれば片付け完了です。

ロースタイルにはぴったりのアウトドアチェア。お値段は少し高いけど座り心地、デザイン、しっかりした造りはお値段以上の価値はあると思います。

アウトドアシーン以外にもご家庭の魚焼きグリルでも使えるので利用する機会が増えてお得感がありますね。
外寸:横幅25cm:奥行18cm:高さ5cmと手頃な大きさで野菜やお肉を入れて蒸す、煮る、焼くなど色んな可能性がある調理器具です。

Biolite BLキャンプストーブ

自分で火力発電ができるという面白いストーブ。小枝などを燃やすことによってスマホなどのUSB機器を充電することができます。

通常の三脚式のランタンポールと違い一本の足を直接地面に打ち込むランタンポール。
子供などが走り回っても三脚式よりも引っ掛けにくいので安全です。
安定感も通常の土のサイトならしっかりと立ってくれます。傾斜のある地面でも使えるので便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA